ついに決まりましたね。新年号。

ぶっちゃけ年号を使う機会も減ってきている昨今、関心があったかと言えば「うーん、あったようななかったような」というくらいでした。

テレビで流れる「平成を振り返る」を観て、「あーたまごっちとかあったな~」とかちょっとノスタルジーに浸るくらいで、そこまで感慨深い訳でもなく、古いアルバムをめくって「ありがとう」と呟くこともする必要ない程度の感情でした。

興味もないので普通にしていても、周りは「新年号ってなんだ?」「何時に発表だっけ?」と騒いでいるので、否が応でも耳に入ってきてしまいました。

しかしまぁ、『令和』ってなんでしょうね。

なんかちょっと「国民が予想できないようなのを出そうよ!」みたいな遊び心も入ってる気がする年号ですね。

とはいってもどうでもいいので、いいでしょう。

5月から『令和元年』となります。

令和初日に産まれた子とか取材がくるんだろうな~。『令くん』とか『令ちゃん』とか特集されるんだろうな~。

子供を出すのはいいですが、その子たちのその後の黒歴史にならないように親御さんも配慮していただきたいですね。

令和か。。。

どうせなら『X-TREME』とかにして欲しかったな。

X-TREME元年とかカッコいいですね!

このブログ、政治家の偉い人が見てたら次の年号は『X-TREME』でお願いします!