実は我々相模大野支部に、ちょっとの間でしたがレバノン人の友達が通ってくれていました。

柔術が大変気に入っており、けっこう頑張って遠いところから通ってくれてました。

そんなレバノンの友人が、先日ついに日本の会社を辞め、地元(レバノン)に帰ることになってしまいました。

 

地元(レバノン)結婚式を挙げ、お嫁さんとそのままフランスに引っ越して住むとか。

 

「なんか知らないけど、すごいな」と聞いたときは率直に思いました。なんてワールドワイドな家族なんだろう。

 

そんな幸せいっぱいの彼に、「ぜひ結婚式(レバノン)に来てくれないか?」と誘われました。

 

確かに彼とは親しくさせてもらっており、実はその婚約者とも一緒に遊んだり、彼の家でレバノン料理を作ってもらったりもしてました。

 

 

とは言っても・・・

 

 

・・・いやいや、

 

 

レバノンってどこよ?くらいのレベルの私ですよ?

 

 

ハワイで監獄のようなアパートに閉じ込められただけで泣くような私ですよ?

 

 

行けるわけないじゃない。

 

 

無下に断るのもあれなので、「うーん、そうね!レバノン興味あるし。家族と相談して、なるべく行けるように努力する準備しとくよ!」という日本人ならではの、行くのか行かねーのかわからん曖昧な返事で煙に巻き、その場はいったん退散しました。

 

 

そして、レバノンについてちょっと調べてみました。

 

 

レバノンについてわかったことは、

・中東にあるらしい

・イスラエルと仲が超悪いらしい

・難民の人が多いらしい

・大きさが岐阜県くらいらしい

テロがあったらしい(わりと最近)

 

 

 

 

まぁ結論、行かないに決定ですよね。

 

 

 

次の日、「いやー家族に話した結果、申し訳ないけどその日は先祖の墓参りの儀式で、宮司役で参加しなきゃいけなくてさー。」とか適当かつ絶対行けなそうな理由を用意しておき、彼に断りに行きました。

(まぁ実際に妻に相談したところ、「ふーん。面白そうだから行ってくれば?」と、『イヤ!あなたの身体が心配だから行かないで!』待ちだった旦那の気持ちも知らずに言われたりはしてたのですが。)

 

 

私が練習通りに「いやー家族に・・・」というくだりから入ろうとした時、彼が悲しそうな目で「日本人の友達、今のところ1人も来なそうなんだよね。まぁ、そうだよね。よく知らないだろうし、危険かもしれないし。嫌だよね」と言いました。

 

 

 

 

 

 

 

こっ断れない・・・

 

 

 

 

 

 

これで断ったら、その分の旅費と命は助かるかもしれないけど、人間としての何かを失う気がする。。。

 

 

 

 

 

どーする俺?

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

「いやー家族に相談したら、『行ってきなよ』だって!だから行くよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、8月下旬にレバノンに行ってきます。(また単身で)

 

 

 

 

・・・こうなったら腹をくくるしかないです。

 

また異国の地で柔術やってやる!

 

今回はハワイとレベルが違う怖さがありますけどね。ハワイとレバノンだと、おおきづちデスピサロくらいレベルが違います。

 

 

 

私に何かがあったら、道場はよろしくお願いします。

 

旅のブログ、楽しみに待っててください。