先日、ふと近所の音楽教室の前を通り過ぎました。

すると、音楽教室の前に、歴史に残る大ヒットを記録している名画のポスターが。

私も観て、感動しました。

 

 

が、

その時、私の脳裏によぎったのが、

「えっ?こういうクラスがあるの?」

 

『クィーンクラス』いや、

『ボヘミアン・ラプソディークラス』

先生はもちろん、白のタンクトップにストーンウォッシュの足首がキュッとしまったGパン。口ひげにアイパーにティアードロップのグラサンで登場。右手にはやたら短いマイクスタンドのついたマイク。生徒からは、『フレディー先生』の愛称で親しまれている。(本名:田中光男)

 

「はーいみなさん始めますよー」

 

もちろん、生徒も全員同じ格好です。

「今日ひげ忘れた方いますかー?」

と言って、面接のために剃っちゃった人や、まだ生えてない人用に口ひげを配る先生。

「いやいや、それじゃ加藤茶でしょーwww」

なんて生徒の口ひげをいじってみたり。和気あいあいとしたクラスです。

「はい、じゃ今日は前回の続きからやりまーす」

と言ってピアノの前に座る先生。

習うのはもちろん、ボヘミアン・ラプソディー。

先生「んママーーーーーぁぁぁぁ!」

先生「はい!」

生徒「ママーーあぁぁ」

先生「もうちょっと最初を溜めてーー!」

生徒「んママーあぁ!」

先生「もっと後ろを感情込めてーー!」

生徒「んままーーーぁぁぁ!」

生徒「佐々木さん、今の溜めよかったですよー!もう一度!!」

生徒「んママーーーーーぁぁぁぁ!」

先生「うーうううぅぅぅぅーーーーー!!!」

生徒「うーうううぅぅぅぅぅーーーーーーーー!!!」

生徒「あーいどわなーくらーーーーーい!!!」

もう最後は生徒も全員ポスターのように天井に向かってのけ反って歌います。

先生の反り方は半端ではありません。

 

 

そんな1時間のクラス。

※「ガリレオー」のくだりは笑いを含めた和やかな雰囲気で進みます。

 

終わったらみんなその場で着替えて帰ります。かなり汗をかいているので、Tシャツ(タンクトップ)はびしょびしょです。つけひげも半分剥がれてます。

通い続けて5年のベテランの佐々木さんはそのままの格好で帰ります。

年に2回、お披露目会が幼稚園や小学校であります。

 

 

 

すごいなー。そんなクラスなら少し通ってみたい。いや、体験だけでいいかな。

口ひげのレンタルは有料なのだろうか?

月謝はいくらなのか?

謎(妄想)は深まるばかりです。