4月から我が相模大野道場に通っている、インド人のサーサクくんが面白いカメラを持って道場に遊びにきてくれました。

360度カメラと言われているものらしく、私も名前は聞いていたのですが、その構造とかどんなもんなのかとかはよく知りませんでした。

普段カメラが趣味のサーサクくんなので、よく道場のスパーリングの様子などを写真で撮ってもらってるのですが、

今回持ってきてくれたカメラ、今までのとは一味違い、今まで見たこともないような面白い写真になりました。

道場内全体の様子が1枚の写真で見れるようになってます!

いやー技術の進化はすごいですね。

しかしこうしてみると、広い道場ですねー。笑

面白いなーこのカメラ。

道場に色々な仲間が集まってくると、こうして面白い特技を持った人とかも現れて、また新しい表現ができるようになるって嬉しいですね。

早速この写真をグーグルマップに入れました。笑

ちなみに、グーグルマップに載っている道場の玄関の写真も、サーサクくんが撮ってくれたものです。カメラはそんなに高いものでもないそうなのですが、やっぱり腕が違いますね!

なんかこう、ピシッと平行というか、真ん中にドアがきてるというか、カメラが趣味の人が撮る写真ってなんか違いますよね。

私も一眼レフを持ってるのですが、今は自宅の奥深くに、深海に眠る聖剣エクスカリバーのごとく埃と共に眠っております。

そろそろ発掘して、ちゃんとカメラの勉強しようかな。