かくして、コガネムシの幼虫20匹による攻撃により、根っこを根こそぎ食べられてしまったベンジャミン。

道場の隅で専門家によるオペが行われ、まだ命を取り留めていた。

今年の初めには韓流スターのような髪型にされ、葉っぱへ送る養分を根っこを生やす養分に使うように仕向けられていた。

そしてついに先日、最終段階とも言えるオペが行われたようだ。

悪さをした学生もしくは気合を入れた高校球児が如く、ついに丸刈りとなってしまった。今はもう頭皮剥き出しのスキンヘッド状態。枝というか幹だけになってしまった。

しかも春まで水もいらんという、いかに彼が緊急な場面にいるかがよくわかる。

植物で水もいらんって、相当危ない状況なのだろう。人間で言えば、飯はいらないと言われているのと一緒だ。

点滴しか受け付けない身体となってしまったのだろう。

たしかに、そうとう弱っているところに植物が枯れ果てる冬が到来し、まさに泣きっ面に蜂な状況にベンジャミンは追い込まれていた。

今はただ、ベンジャミンの生命力に頼るしかない。そして、春になってまた元気に根をはやして葉っぱをつけてくれることを願うのみだ。

頑張れ!ベンジャミン!!