終わった!

    

    

   

    

    

   

ついに『チラシティッシュトントン』地獄が、たくさんの人の協力もあり、無事に終わりました!

   

その総数3000個。

   

これがこれから相模大野駅を行き交うみなさまに配られることになります。

実は今日までですでに1500個近くをプロの手によって配り終えており、残りは来週の木、金、日曜日に配られる予定です。

いや~、こうして終わってみるとあっという間でした。

途中で小学校の頃の自分に会ったり、名前も知らぬティッシュ職人のお爺さんに会ってインタビューしたりもしましたが、無事に終わらせる事ができました。

あとは「チラシ見ました!」と言って道場に見学に来られる方を待つのみです。

3000個も配るんですから、そりゃ2800人くらい来て当たり前だと思います。どうしよう、道場に入りきりませんね♪ あっ!なんか自然とダジャレみたいになっちゃってる。んもう、浮かれすぎだぞっ!俺♪

2800人ともなると、道場から座間駅くらいまでの長蛇の列になってしまうかな?それは大変だ。今はまだ外は寒いので、暖かい飲み物とかひざ掛けとか用意しとかないと。

いや待てよ、いつもクラスの時間は大体2時間だから、2800人のお客様全員に見ていただくには、2時間×60分×60秒=7200秒を2800で割ると、7200÷2800≒3秒か。

1人3秒しか道場を見れないじゃないか!こりや大変だ。3秒で柔術の素晴らしさを伝える準備をしなくてわ。

バズーカですら8.6秒あるのに、柔術の見学は3秒か。だが、柔術の素晴らしさを伝えるのには十分な時間だろう。

問題は道場だ。2800人も会員さんがいたら、さすがにトイレがいっぱいになってしまう。男女合わせて2つしかないし。最悪移転も考えなくてはいけない。

そういえば、今年の9月で相模大野の伊勢丹が閉店になると誰かが言ってたな。こうなったら思い切って元・伊勢丹の場所に道場を移転するか。

だけどその場合は、名前はX-TREME EBINA相模大野支部のままでいいのだろうか?X-TREME EBINA伊勢丹支部にした方がいいのでは?・・・でもそれだと、後から見た人にわかりづらいかもしれないな。間違って新宿の伊勢丹に行ってしまったら大変だ。

あれ?ちょっと待てよ。風のうわさでは伊勢丹の後はドン・キホーテになるとか聞いたぞ。

そうなったらしょうがない。ドンペンくんと戦うしかないのか。けっこう好きなキャラだったのに、まさか戦うことになるとはな。

そしたらルールはどうしようか?もちろん柔術ルールにしたいけど、それはドンペンサイドが飲まないだろうね。反発されそうだ。

でもこっちも向こうのペンギンルールにされてしまうと圧倒的に不利になってしまう。まさか南極の氷の上で寝技などに持ち込めまい。第一、道着だけだと寒くてすぐ凍死しちゃうし。

まてよ。ドンペンに関節技や絞め技って効くのか?第一、ヤツの首はどこにあるんだ?あのヒレみたいな部分に腕十字をしたとして、ヤツはタップ(ギブアップ)するのだろうか?

まずはドンペン、いや、ペンギンの生態についてもっと詳しく知る必要がありそうだ。

  

  

という訳で、今夜は動物図鑑を読みながら寝ます。

おやすみなさい!!