長いようで短いハワイ滞在でしたが、もうすぐ帰国しなくてはいけなくなりました。

友人の結婚式も無事終わり、みんなで残りの日数をマリンスポーツやら観光やらで過ごして楽しい時間でありました。

激狭アパートにもすっかり慣れ、生活感満載のただのおっさんの部屋と化し、自分の順応力の高さに驚きと、そんな自分の能力を新しく発見したハワイでした。

さて、そんなこんなで帰る時間も迫ってきたので、お土産を買いに行かなくてはなりません。

個人的にもちょっと観光したいところもあるし。

ということで、ザ・バスとかいう日本でいうと神奈中バスみたいな市バスを利用して、1人観光兼お土産ショッピングに向かいました。

600円くらいで1日券を買えるので、どんなルートを何番のバスが回るか把握しておけばとても財布に優しくて便利です。

まずはお土産を買おうということで、話題のホールフーズのエコバックを買いにホールフーズとかいう日本の成城石井みたいなスーパーに行ってきました。

さすがアメリカ、店の中は大きくて、エコバックの種類も半端なくあります。

うーん見た目も可愛いし、人気になる理由がわかる気がします。しかしエコバックの周りに群がってるの日本人ばかりwww

この布製の奴が人気のようです。

よし、これにしよう。

デザインも可愛いし。

最悪使わなかったら自分の柔術着入れにできそうだ。

早速レジに行き、「これください」と言いました。

「$30です」

「はっ!?」

高っ!!

エコバックでしょ?

エコバックと聞いていたので、完全に油断して値段を見ないでレジに行ったところ、戦慄みたいのが走りました。

確かにちょっと数ドルにするには品質がいいなとは思いましたが、それにしてもエコバックに$30て!!

しかも他のみんなはポンポン買っとる。

えー。柔術の帯買えるじゃん!ちょー高いじゃんこの布バッグ。

まじかよ。

と躊躇していると後ろに並んでいた人から冷たい目で見られたので、仕方なく買うことに。

「これが$30か・・・」

と手でつまんでブラブラと揺らして放心状態になりました。

(余談ですが、後から調べたら日本では8000円くらいで取引されてるみたいです!ほぼ倍の値段!!恐るべしホールフーズのエコバック。)

激高のエコバックを小脇に抱え、つぎはチャイナタウンを見に行きました。

なんかちょっと怖い・・・

市場っぽい場所があったので、ここでご飯にしようと思いました。

屈強そうな『50年この麺を作ってます』みたいな屋台のおばさんに写真を指差しながら「これください」と注文すると、ふん!という顔で右手を差し出され、要するに先に金を払えということで$8を渡して近くの席で待つことに。

待ってる席では、彼女や嫁と一緒にハワイに来た友人が、「いまハワイの有名なガーリックシュリンプのお店で食べてまーす❤️」みたいなLINEや、「2人でオープンカーで人の少ない綺麗なビーチ来てまーす⭐️」みたいなリア充メッセージがやりとりされてました。

「今1人市バスでチャイナタウン来て、小汚い屋台でおばさんが作ったラーメンらしき物体を食べてまーす♪」とメッセージを送るテンションでもないので、静かにスマホの電源を落として待ってました。

きました。

写真と違う。

そういえば注文するときにおばさんが何かボソボソ言ってましたが、気にせずにいたところ見事に写真とは違う物体がきました。

食にはうるさい人間ではないので、「まぁいいか・・・」と思ってそのまま食べました。

普通にウマし!

この値段、この早さでこのクオリティ。さすが中華はどの世界行ってもあるだけあります。最高だ。

おばちゃんに丁寧お礼を言い、チャイナタウンを後にしました。

その後もパールハーバーを見に行ったり、スーパー巡りに行ったり、大きいショッピングモールに行ったりと、市バスの1日券をフル活用した1日でした。

そんなこんなで、振り返ればあっという間に終わってしまったハワイ旅行でした。

柔術にも行けたし、結婚式も素晴らしかったし、ルームシェアという新しい体験もできたし、なんだかんだ楽しかったな。

いろいろあったけど、人生1度しかないと考えると良い経験だったのかもしれない。

着いた途端に帰りたくなった1人ハワイ旅行でしたが、帰る頃には少し寂しくなってる自分にも気づいて不思議です。笑

さて、祖国に帰ろう!

それではみなさま、また日本でお会いしましょう!

旅行記をお読みいただき、ありがとうございました。

それじゃ!!

・・・・

・・・・・・・・・

エコバックに$30か・・・