創業して2年。
外でひっそりと輝き続けた袖看板。

気づいたら蛍光灯が切れかかっており、点滅していた。

会員さんから「外の看板がチカチカしていて、ちょっとみすぼらしいですよ」と言われて初めて気がついた。

『このコロナの不景気の中で・・・・。チッ!根性のない奴め!』と若干思ってしまったが、思えば雨の日も風の日もずっと夜の闇の中で我らが道場の目印となってくれていた袖看板。

改めて考えるとありがたい。そして、闇夜にチカチカしてる袖看板ってなんか怖い。

感謝の気持ちをこめて、看板屋さんにお願いして蛍光灯を交換していただいた。袖看板、2年間頑張ってくれてありがとう。そして蛍光灯の交換に協力してくれたプラスマークスさん、ニューポートさんもありがとうございました!