相模大野に入会してからというもの、つねに写真の中心に鎮座するナンシー。

 

話を聞くと、どうやらナンシーの名前の由来は、某紫帯のインストラクターが幼少の頃に恋したフランス人の女の子の名前だそうです。

可愛くて好きだったそうなんですが、けっきょく声をかける事もできずに儚い恋に終わったとかなんとか。

若い頃のほろ苦い、そして美しい思い出として残っているのでしょう。

 

しかしまぁ、、

 

 

この姿を見て思い出した恋の相手って・・・。

 

 

 

 

 

・・・きっとお綺麗だったのでしょう。

 

 

 

 

 

そんな美しい思い出の美しい名前をもらったナンシーは、今日も相模大野支部を静かに見守り、みんなから愛されております。

 

昼間におじさんが1人この人形で練習してたりしますが、どうか皆様、変な目でみずに、温かく見守ってやってください。

 

 

 

 

ナンシー、今日も相模大野支部を頼むぜ!!!