※写真右の植物の話です。

創業して早3年。

我らが相模大野支部には、オープン当時からみんなの成長を見守り続けている謎の植物がいる。

開店祝いでいただいたものだが、私のようなズボラ人間の世話でも3年間忍耐強く生き残ってくれていた。

だが先日、だいぶ抜け毛(抜け葉)が増えたなーと思っていたら、気づいたら木の全体が斜めに倒れかかるようになっちゃっていた。

まさにKO負け寸前のボクサーのごとく。

なんとなく葉っぱの色も悪くなってきていたし。

前の週に私が水と間違えてDA・KA・RAを入れてしまったのが原因だと思いました。

   

適当な世話に、ついに命運が尽きたのか。

   

本当に申し訳ない。

    

    

そんな折、相模大野支部に通う紫帯の生物学者が、なんと元気のない原因を突き止め、治療まで施してくれました!

どうやらこの植物の鉢の中にコガネムシ?と思われる幼虫が20匹ほど入っており、そいつらが根っこを文字通り根こそぎ食べてしまったらしい。

もう今は根っこがほぼないので、水を飲む力が非常に弱っているそうだ。

そんな時に、主からまさかのDA・KA・RA注入。

枯れるわけである。

   

   

かくしていま、この植物は土を新品、しかも生物学者のスペシャル混合土を与えられ、綿密な定期検診を受けながら、その命を再び復活させるために頑張っている。

 

どうか道場に関係のない方も、道場の前を通ったらぜひ、この植物に「頑張れ!」と声をかけていただきたいです。

 

頑張れ!!!

 

※この植物の経過は、定期的にブログであげていきたいと思います。