気づけばもうすでに11月末。

今年は1年ずっと仕事と道場の経営と柔術と友達の結婚式に奔走した日々でした。

インドから帰ったら家にクリスマスツリーが飾られており、あぁもうそんな時期かと1年が過ぎる早さに驚きました。

「100年の時は一瞬にすぎない」と、わたしの尊敬してやまない吉田松陰先生が言っていたのを思い出します。

こんな良いこと言ってくれる先人がいるのに、あたかも人生が1000年あるかのように過ごしてしまうのは私の人間の甘さなのでしょう。

とはいっても、泣いても笑っても時は過ぎてしまうものです。

年末か。。。

大掃除どうしよう

私が1年で1番嫌いなイベント、大掃除。

てか、掃除が嫌い!

大嫌い!

いつもやろうと思ったら母に「早く掃除しなさい!」って言われるのでますます嫌いになりました。

なんであんな絶妙に嫌なタイミングで言うんだろう?

それで母の言う通り掃除なんて始めてごらんなさい。

どうせ「よしよし、わたしの言う事ちゃんと聞いてるな」というドヤ顔を見せられ、家庭内ヒエラルキーを理解した息子にマウンティングするに決まってます。

あー嫌だ嫌だ。

37歳になっても嫌だ。

離れて暮らしてるのに嫌だ。

・・・でもそうか。

道場は綺麗にしないとな〜。

雑巾とかも新品に替えよう。

掃除機のフィルターも替えて、新しくしようかな。

よし、道場の仲間に協力も募集しよう!

そう思うと楽しくなってきた。

そういえばもう、うるさく言う母親は近くにいないのだ。

妻に「ねぇ、道場大掃除しないの?」と言われないのを願い、年末に向けて準備を始めます。