どうぶつの森で足りない昆虫の推察をするため、昆虫図鑑を買った。

 

家族で協議した結果、残りは恐らくオオクワガタだろうという結論になった。いまオオクワガタの生態について調べている。

 

そんなきっかけで買った図鑑だったが、中にはDVDが付いており、昆虫の生態について面白おかしく、大人も子供も楽しめる説明が入った映像特典が用意されている。

 

私もついハマって観てしまったのだが、ある1匹のクモの切なすぎる人生、いや、クモ生を観て切なくなってしまった。

 

彼である

日本名『クジャクグモ』

 

オスは背中にそれはそれは美しい、孔雀のような模様が入っており、たいへん華やかなクモに見える。

しかし、このオスがメスをゲットするための手段が切なすぎる。

 

彼らはメスを見つけると、メスの前でパントマイムみたいな踊りを披露する。手をあげてみたり、左右に動いてみたり、孔雀のお尻をフリフリしてみたり。

もし、メスがその踊りが気に入らなかった場合、

 

彼らは食べられる。

 

だから超必死に踊る。

 

ナレーションによると、止まってしまうと評点が下がるらしく、止まることなく踊り続けるらしい。

 

彼らは必死にメスの前で踊る。

お尻フリフリ

手をあげて下げて

左右にチョコチョコ動いて

必死である。

 

文字通り死ぬからね。

 

明るく子供が聞きやすい声で解説するナレーションの人が、「彼らはメスが気に入らないと食べられてしまうので〜す♪」と解説する声を聞いてちょっと恐怖すら感じた。

 

同じオスとして、切ない。

 

もし今この日記を読んでいるオスの方がいたら、ぜひ彼らの命をかけたダンスを見てあげてほしい。

 

命をかけているのに、動きがコミカルなのがまた泣かせる。本当にクジャクグモ諸君には申し訳ないが、泣かせると同時に少し笑ってしまう。

 

今日もどこかでクジャクグモのオスが食べられているのだろうか?夜通し踊っているのだろうか?

 

 

生まれ変わってもクジャクグモだけは勘弁してほしいと思った、38歳の夏でした。